SuperMap iDesktop 8C(2017)日本語版ご利用案内

SuperMap iDesktop 8C(2017)日本版のご利用に際しての補足説明をご案内します。


1.地理院地図の表示方法

国土地理院がインターネット経由で配信するWeb地図「地理院地図(地理院タイル)」を、インターネット接続可能状態のPCであれば、[Webデータソースを開く]から表示、閲覧操作することができます。 現在、地理院地図の4種類(標準地図、淡色地図、写真、色別標高図)をサポートしています。地図を開く方法と注意点について説明します。

  1. [スタート]タブから[データソース]―[Web]を選択すると[Webタイプのデータソースを開く]が表示されます。
    ワークスペースウィンドウ内で[データソース]を右クリックしてショートカットメニューから[Webタイプデータソースを開く]からでも可能です。
  2. Webタイプから[OGC]を選択、サービスタイプから[WMTS]を選択します。
  3. サービスアドレスで、地図の種類に対応した下記のURLを入力します(コピー&ペースト可)。
  4. [開く]を実行するとワークスペースウィンドウにWebデータソースが開きます。
  5. ツリーを展開してデータセット(標準地図の場合は"std")をマップウィンドウにドラッグまたはダブルクリックするとマップウィンドウに表示されます。
地理院地図の対応URL 注意点:

2. 投影設定操作の注意点

データソース、データセットに対する[投影設定]のウィンドウにある[リセット]操作を実行すると、システムが提供する座標系のうちJGD2011(地理座標系、投影座標系)のものが削除されます。以降、JGD2011がシステム定義の座標系として選択できなくなりますのでご注意ください。
[リセット]を実行後に、再度JGD2011の項目を提供するには、以下の操作で可能です。
インストールパッケージフォルダに付属する"Projection.xml"ファイルを、プログラムのインストールフォルダ以下にある次のフォルダの同名ファイルと差し替えます(上書き保存可)。
差し替えファイル保存パス:\Templates\Projection\Projection.xml


3. 検索プラグイン

製品インストール時にオプションで「検索プラグイン」をインストールできます(デフォルトではチェックが入りインストールします)。このプラグインは次の2つの検索機能を提供します。


4. ヘルプファイル・参考用日本語ヘルプファイル

製品説明のヘルプファイルはインストールパスに保存されています(SuperMap\SuperMap iDesktop 8C(2017)\SuperMap iDesktop 8C Help.chm)。chmファイルをダブルクリックして開きます。
当ヘルプは英語表記となっています(目次及び一部トピックは日本語)。別途、ご参考いただける日本語ヘルプファイルとして、以前のデスクトップ製品(Deskpro.NET6R)のヘルプファイルをダウンロードしてご利用いただけます。ここには、現在の製品で追加されている新機能については説明記載がありません。また、同一機能ついても仕様変更等により記述内容が現在の製品内容と一致しないこともありますのでご了承ください。
ダウンロードアドレス:SuperMapDeskpro.NET6Rヘルプ(180MB、2017年7月)

注意点:ダウンロードしてzipファイル解凍後、まずchmファイルのセキュリティ「ブロック」を解除してください。SuperMap Deskpro .NET 6RHelp.chmを右クリックして「プロパティ」を選択して「全般」タブ内の「ブロックの解除」を選択してください。以降、当chmヘルプファイルが正常に表示できます。