クラウドGISプラットフォームSuperMap iServer Java 6R | SuperMap GIS | 製品情報 | GISエンジン・ソフトウェアベンダー | 日本スーパーマップ株式会社

日本スーパーマップトップページ

製品情報

SuperMap GIS 6Rシリーズ(UGC)

6Rシリーズ(UGC)クラウドGIS開発プラットフォーム SuperMap iServer Java 6R

SuperMap iServer Java 6Rは、RealspaceとSOA技術に基づく、クロスプラットフォーム対応の大型クラウドGIS開発プラットフォームです。

エンタープライズ級の強力で専門的なGIS解析機能とデータ編集機能をサービス配信できます。サービス・アグリゲーション(集成)機能により、他のサーバーがリリースするGISサービスを集成し、再配信することも可能です。

SuperMap iServer 6R の特長

  • Web3Dサービス
  • クロスプラットフォーム ― Windows、Unix、Linux
  • 高性能 ― さまざまなメカニズムにより、速度向上と同時アクセスの高速化をサポート GISサービス・アグリゲーション(集成)技術をサポート ― SuperMap iServerが配信したサービスとサードパーティのサービスを集成して、SuperMap iServerのシステムから再配信
  • 全面的な開発サポートと一新したテンプレート設計で、GISアプリケーションシステムの構築を短期間で実現
  • 分散型クラスタ技術をサポートし、GISサービスの信頼性、可用性、伸縮性を向上

3Dサービスの提供 3Dサービスの提供

3Dサービスの提供 3Dサービスの提供

エディション区分

SuperMap iServer Java 6Rではサポートする機能の違いにより3つのエディション(スタンダード、プロフェッショナル、エンタープライズ)があります。プロジェクトの規模や目的により、エディションを選択することができます。製品パッケージは一つですが、エディションに対応するライセンスの種類により、使用できる機能が制限されます。

エディション区分の詳細については、SuperMapiServer(v612)エディション区分.pdf をご参照ください。

APPLIC準拠登録

SuperMap iServer Javaは、APPLICの地域情報プラットフォーム準拠登録製品(GISユニット)として登録されています。GIS共通サービスに対応したインターフェースの提供が可能で、他の業務アプリケーションから、GISDBで管理される地名辞典データを検索して利用することなどが容易 です。自治体業務で住所を統一的に扱えるようになり、様々な効果が期待されます。

APPLIC準拠登録