日本スーパーマップトップページ

製品情報

各種ツール

JPGIS変換ツール

JPGISなどデータ標準化が進んでいる中、当社は、SuperMap製品のデータインポート機能に標準搭載していない形式のデータ変換補助ツールβ1.1を2008年1月に公開し、無償提供を開始しております。

それ以来、基盤地図情報への対応、JPGIS2.1形式への対応を行うなど、逐次バージョンアップを行っており、ユーザーの皆様に広くご利用いただいております。


『JPGIS変換ツール』を含む『スーパーマップとその関連ツール』は、国土地理院「電子国土賞―PC部門」でノミネート作品として選考されました。
作品の紹介動画 (音声付)を YouTube『電子国土賞事務局』―スーパーマップとその関連ツール からご覧いただけます。

沿革

2008年1月
データ変換補助ツールβ1.1を公開し、無償提供を開始
2008年7月
基盤地図情報(JPGIS準拠データ;国土地理院)の変換機能を追加
2008年9月
既知の不具合を修正したβ1.2.1をリリース
2009年3月
基盤地図情報(数値標高モデル)に対応し、β1.4にバージョンアップ
2010年5月
国土数値情報(国土交通省)の対応項目を追加し、β1.5にバージョンアップ
2011年3月
基盤地図情報 XMLスキーマ定義ファイル3.0(JPGIS2.1形式)に対応し、β1.5.4にバージョンアップ
2011年3月
既知の不具合を修正したβ1.5.5をリリース
2012年5月
国土数値情報(国土交通省)の対応項目を追加し、β2.0にバージョンアップ

ダウンロード

JPGIS変換ツールダウンロード 画像をクリックすると、ダウンロードできます。
Ver.2.0 zip形式約20MB 2012年5月9日更新

●Ver.1.5.3からの修正点

基盤地図情報 XMLスキーマ定義ファイル3.0( JPGIS 2.1形式 )によって定義されたデータ(2010年6月1日以降提供)に対応しました。

●Ver.1.5.4からの修正点

平成18年土地利用細分メッシュの変換不具合を修正しました。

旧バージョンをアンインストールしてからセットアップしてください。

●Ver.1.5.5からの修正点

国土数値情報(国土交通省)のデータ、土砂災害危険箇所(面、線、点)、 世界自然遺産(面)、流域メッシュ、バス停留所(点)、燃料給油所(点)、宿泊容量メッシュ、各種交通流動量等16の項目が新規に変換できるようになりました。

旧バージョンをアンインストールしてからセットアップしてください。

対応データ

JPGIS2SuperMap β版は、次のJPGIS 準拠データを、SuperMap ファミリー製品(Ver.5.0 以降)のソフトウェアで使用できるデータ形式「SDBPlus 形式」に変換できます。

(1)数値地図2500(空間データ基盤)地理情報標準・世界測地系版 (国土地理院刊行)

(2)数値地図25000(空間データ基盤)JPGIS 準拠版 (国土地理院刊行)

(3)国土数値情報(JPGIS 準拠データ)のうち次のデータ(国土交通省国土計画局)
1) 三大都市圏計画区域
2) 空港
3) 標高・傾斜度3次メッシュ
4) 標高・傾斜度細分メッシュ
5) 地価公示
6) 都道府県地価調査
7) 土地利用3次メッシュ
8) 土地利用細分メッシュ
9) 鉄道
10) 行政区域
11) 道路密度・道路延長メッシュ
12) 公共施設
13) 発電所
14) ダム
15) 湖沼

 (Ver.1.3で追加対応したデータ:10項目)
1) 都市地域(面)
2) 自然公園地域(面)
3) 自然保全地域(面)
4) 農業地域(面)
5) 森林地域(面)
6) 人口集中地区(面)
7) 漁港(点、線)
8) 海岸線(線)
9) 河川(線、点)
10) 港湾(線、点)

 (Ver.1.5で追加対応したデータ:9項目)
1) 過疎地域(面)
2) 半島振興対策実施地域 (面)
3) 離島振興対策実施地域 (面)
4) 奄美群島(面)
5) 小笠原諸島(面)
6) 豪雪地帯 (面)
7) 特殊土壌地帯(面)
8) 振興山村(面)
9) 特定農山村地域 (面)

 (Ver.2.0で追加対応したデータ:16項目)
1) 鳥獣保護区(面)
2) 土砂災害危険箇所(面、線、点)
3) 小学校区(点、面)
4) 世界自然遺産(面)
5) 工業用地(面)
6) 流域メッシュ
7) バス停留所(点)
8) 燃料給油所(点)
9) 市町村役場等及び公的集会施設(点)
10) 医療機関(点)
11) 観光資源(面、線、点)
12) 宿泊容量メッシュ
13) 交通流動量 パーソントリップ発生・集中量(面、線)
14) 交通流動量 パーソントリップOD(面、線)
15) 交通流動量 駅別乗降数(面、線)
16) 交通流動量 貨物・旅客地域流動量(面、線)

(4)基盤地図情報(JPGIS準拠データ;国土地理院)
1) 行政区画代表点、行政区画
2) 測量の基準点
3) 標高点
4) 町字の代表点
5) 行政区画界線
6) 町字界線
7) 水涯線
8) 建築物の外周線、建築物
9) 道路縁
10) 軌道の中心線
11) 海岸線

(Ver.1.4で追加したデータ)
1) 5mメッシュ標高データ
2) 10mメッシュ標高データ
3) 50mメッシュ標高データ