日本スーパーマップトップページ

製品情報

Key Technology

ビッグデータGIS技術

SuperMap GISは空間ビッグデータの各プロセスで技術イノベーションを進めています。空間ビッグデータのストレージ、データ分析、リアルタイムデータ処理などの技術が既存のSuperMap GISに融合し、空間ビッグデータ技術アーキテクチャーを形成しています。膨大で多様なデータを高速にしかも安定して取り扱うためにRDBMS大規模以外に各種分散型データベースエンジンを提供しています。

ü  大規模なベクター/ラスターデータ用のHBaseおよびHDFSエンジンをサポートします。

ü  高機能で全量計算能力を持つ分散空間ファイルエンジンDSFをサポートします。

ü  HDFS上のGeoJSONGeoCSVなどのファイルをサポートします。

ü  ストリームデータのElasticsearchエンジンをサポートします。

ü  2Dマップベクトル/グリッドタイルおよび3DタイルのMongoDBエンジンをサポートします。

ビッグデータ処理に対応したSuperMap iObjects for Spark 空間ビッグデータコンポーネントは、Apache Sparkフレームワークの分散型コンピューティングを採用することで、大容量空間データの解析効率を大幅に向上させています。

クラウドGIS製品のSuperMap iServerではリアルタイムデータ処理のWebサービスを実現します。Spark Streaming技術に基づくデータ処理サービスを実装し、収集したビッグデータをストリーム処理して刻々と変化する地理空間上の状況をマップに可視化します。2D/3Dグラフ、密度グラフ、OD交通量グラフ[AT2] 、ヒートマップなどの可視化手法により、ビッグデータから得られる情報を有効に共有することができます。同一ウィンドウで50万種類の目標物をレンダリングしてのアルタイム追跡など、大容量データの表示パフォーマンスも確保しています。

クラウドGIS維持管理向け製品のSuperMap iManagerを利用することで、リソースのスマート配分、タスク自動化、リソース使用のモニタリングと予警報を通じてビッグデータ処理システムの運用管理が容易になります。SuperMapの空間ビッグデータ関連製品によりビッグデータ処理と可視化までの技術的な「敷居」を低くして、より多くのユーザーが気軽に空間ビッグデータを高度利用できる環境構築に努めています。

SuperMapビッグデータGIS技術アーキテクチャー

 

 

SuperMap製品情報に関してはこちらをご覧ください。

また、こちらより関連資料をダウンロードいただけます。