日本スーパーマップトップページ

製品情報

Key Technology

クロスプラットフォームGISテクノロジー

SuperMap GISは、2001年からクロスプラットフォームGISの研究開発に着手し、標準C++で再構築に取り組み、いまや高性能なクロスプラットフォームアーキテクチャー(CPUOSDB)を有したGISソフトウェア群を実現しています。 SuperMap GISシリーズ製品は、10年以上技術蓄積し、いまや、x86IBM PowerItaniumARMPhi 1500A)、MIPSLoongson)などのさまざまなアーキテクチャーを持ったCPUをサポートしており、WindowsLinuxAIXK-UXなどのマルチOSで使用できます。SuperMap GISは、クロスプラットフォームGISを基盤技術の一つとして、AndroidおよびiOSを搭載したモバイル端末をサポートするモバイルGIS開発プラットフォームを構築し、オンライン、オフライン、2次元および3次元の統合モバイルGISアプリケーションをすばやく開発できます。

その結果、プラットフォームを超えたて、同一空間情報データとともに、プラットフォームに適したアプリケーションの利用ができるようになっています。

SuperMapキーテクノロジーの一つであるクロスプラットフォームGISテクノロジー

SuperMap製品情報に関してはこちらをご覧ください。

また、こちらより関連資料をダウンロードいただけます。