日本スーパーマップトップページ

製品情報

Key Technology

クラウドネイティブGISテクノロジー

クラウドネイティブGIS技術は、クロスプラットフォームGIS技術と並んでSuperMapキーテクノロジーの一つです。マルチクラウドの対応はもとより、マイクロサービスアーキテクチャの考え方に基づき、コンテナによってデプロイする方式を採用することで、オーケストレーション、マイクロサービス毎に独立した運用・維持管理を可能とし、効率性、柔軟性、安定性を備えたクラウドGISの構築を強力にサポートします。

SuperMapクラウドネイティブGISは、従来のGIS単一モジュールを独立させデプロイ可能な細かな粒度のマイクロサービスに分割し、弾力性に富んだスケーリングとGISの柔軟なデプロイを可能にしています。仮想マシンの代わりにコンテナにマイクロサービスをデプロイすることで、リソースの占有を削減し、可搬性を高めることができます。

GISコンテナのオーケストレーション技術により、動的なリソーススケジューリングが実現されるため、マルチクラウド環境の違いに影響されずに、維持管理とリプレイスのコスト削減を可能にします。クラウドネイティブを適用することで、よりスケーラブルで柔軟なクラウドGISの構築が可能となるため、GISシステム開発者は顧客ニーズの実現に注力することができます。

SuperMapキーテクノロジーの一つであるクラウドネイティブGISテクノロジーアーキテクチャー(k8Sベース)

SuperMap製品情報に関してはこちらをご覧ください。

また、こちらより関連資料をダウンロードいただけます。