「携帯型森林GIS」が電子国土賞2013 特定テーマ賞を受賞 | お知らせ | GISエンジン・ソフトウェアベンダー | 日本スーパーマップ株式会社

日本スーパーマップトップページ

お知らせ

2013.11.12

「携帯型森林GIS」が電子国土賞2013 特定テーマ賞を受賞

電子国土基本図等の国土地理院のデータを活用し、地理空間情報の高度活用社会の形成に貢献するGISソフトウェア及びGISコンテンツの中から、優れたものを表彰する『電子国土賞』が去年国土地理院により創設されました。第2回となる今年の『電子国土賞2013』において、日本スーパーマップ株式会社がパートナーの株式会社興和様と共同開発した「携帯型森林GIS」が「特定テーマ賞」を受賞しました。

「携帯型森林GIS」は、Android端末向けの森林管理事業従事者向けの現地調査用アプリケーションです。
Android端末上で動作し、端末のGPS機能で現在地の把握や目的地への誘導を行い、その周辺の森林情報を、背景地図としての地理院地図(旧 電子国土Web.NEXT)に重ね合わせ画面上に表示させ、調査地点の森林の形状や属性情報を把握できます。また写真撮影やメモの記録、移動軌跡の取得ができ、現地調査を支援します。

受賞アプリの「携帯型森林GIS」は、株式会社興和様がSuperMap UGCエンジンを使って開発した「3次元基幹森林GIS」と連携でき、森林関連業務のトータルソリューションの一環としてこれまでに自治体や森林組合に提供し、シンプルで使い勝手が工夫されたインターフェースと操作性、SuperMapエンジンによる快適な地図動作により、現場も内業もの利用がスムーズに行なえるようになっており、ユーザーの高い評価を得ています。


 

受賞作品一覧(国土地理院サイト) http://www.gsi.go.jp/gijyutukanri/gijyutukanri60014.html

株式会社興和様「森林GIS」紹介サイト http://www.kouwa-k.co.jp/forestGIS.html