日本スーパーマップトップページ

製品情報

Key Technology

新世代3次元GISテクノロジー

SuperMap GISは、2D/3Dテクノロジーの一体化を機に、3D写真測量・BIM・点群などの3次元測量技術、WebGLVR/AR3Dプリンタなどの新しいIT技術を融合し、新世代3次元GIS技術アーキテクチャーを形成しています。広域大容量、マルチソースデータ(各種3Dモデルの取り込みに対応)、Anyデバイス(PC/Web/モバイル端末に対応)の特徴をもち、3次元GISの高度利用を推し進めています。

2D/3D一体化技術はモデリング、シーン構築、空間解析とソフトウェア形態の一体化を実現し進化を遂げています。例えば、3Dソリッドモデル(モデルデータセット)を採用することで、BIMデータを損失することなく継承したり、空中や地下空間のモデリング(ボクセルグリッド、TIM、地質体)に対応したり、体積を持つオブジェクトのブール演算等の解析処理を可能とするなど、地理空間の様々な事象を3次元で可視化し解析することができます。

3DCAD/BIMソフトウェアで作成したした精緻なBIMデータや高い精度が求められるレーザー点群データ(*.las等)は、往々にして非常に大容量となります。SuperMapでは、BIM軽量化処理(インスタンス化など)、点群データ、3D写真モデルデータはタイル化(OSGBS3M)により快適な表示パフォーマンスを実現します。

SuperMap は3次元GISデータ規格の一つとして、OSGB(OpenSceneGraph Binary)3D-Tiles(Cesiumが提唱)の長所を取り入れたオープンデータフォーマットSpatial 3D Model(S3M)を提唱し、WebブラウザでB/S構造下の大容量3次元データのレンダリングと解析の二大課題を解決しています。2D/3D・地上/地下・屋内/屋外・マクロ/ミクロの一体化を実現するGISの未来を見据えた技術の一つです。

SuperMap新世代3次元GIS技術アーキテクチャー

 

SuperMap 3次元GIS技術の進化

 

 

SuperMapシーンでの3Dデータ操作・解析概念図

 

SuperMap製品情報に関してはこちらをご覧ください。

また、こちらより関連資料をダウンロードいただけます。