日本スーパーマップトップページ

製品情報

Key Technology

人工知能GIS技術

人工知能GIS は、地理空間領域に、統計学ならびに機械学習、ディープラーニングといった人工知能の理論やアルゴリズムを取り入れたものです。SuperMap GIS は空間データ処理、解析、識別、分類、推測などの人工知能GIS 機能をSuperMap GIS 10i 製品に搭載しています。

SuperMap人工知能GIS技術アーキテクチャー

 

SuperMap AI GIS は、AI GIS を融合させたGeoAI と、AI GIS を相互に補完し強化するAI for GIS ならびにGIS for AI の3つで構成されます。

 SuperMap GeoAI は、空間機械学習と空間深層学習を含んでいます。オブジェクトの空間特性は地域や季節によって異なるため、それぞれのデータ特性に従ってモデルをトレーニングして推論の成功率と精度を改善します。GeoAI の活用に至るまでには、データの準備、モデルの構築、モデルの適用といったプロセスが必要です。

SuperMap は、ユーザーに、空間ヒートマップ、空間クラスタリング、住所要素識別、地理加重回帰、ランダムフォレスト分類・回帰および一般化線形モデルといった空間機械学習に必要なワークフロー(プロセス)ツールを提供します。

空間深層学習は、顔識別、画像識別などのディープラーニング技術をリモートセンシング画像解析に適用し、地物分類、ターゲット検知、シーン分類などの業務を支援します。

SuperMap GeoAI では、リモートセンシング画像解析によるターゲット検出、二項分類、地物分類、シーン分類などの機能を提供しています。

AI for GISは従来のGIS AI テクノロジーを適用することで、GIS ソフトウェア機能の強化を図っています。SuperMap では、AI 属性収集は、動画や画像からインテリジェントに分類および識別を行い、AI 測図は、低コストかつより便利な屋内測図精度の向上を実現します。AI マッピングは、画像・写真、既存地図から簡単にマップへのスタイル転送を行えます。

●GIS NEXT 71号 「SuperMapキーテクノロジーを斬る‼ 人工知能GIS、そのいまと未来」(PDF)

SuperMap製品情報に関してはこちらをご覧ください。

また、こちらより関連資料をダウンロードいただけます。